H:G:M:O☆ 水島しのぶ 巨乳若奥様欲求不満な昼下がり

水島しのぶ 巨乳若奥様欲求不満な昼下がり
アダルト動画サイトのH:G:M:Oより、『水島しのぶ 巨乳若奥様欲求不満な昼下がり』の新着動画を紹介します。

目覚まし時計の音が鳴り目を覚ます水島しのぶさん。

ベッドルームのカーテンを開けると眩い光が降り注ぐ。白い下着姿で寝ていたしのぶは背を伸ばし体を解す。

たわわなおっぱいがはち切れそうなブラジャーの上からニットを着てストッキングを穿く。

ストッキングを穿く姿はマニアにはまた堪らない光景だ。

タイトスカートを穿いてキッチンへ。炊事を済ませると自室へ。掃除を済ませて旦那さんをお見送りに玄関へ。

「今日は遅くなるから晩ご飯はいらないよ。」という旦那に「そう、わかりました。行ってらっしゃい〜」とお見送り。

リビングで本を読んでいると何やら催してしまった様子。

おっぱいをまさぐりだしエッチな気分になってしまう。喘ぎ声を漏らしながら激しくおっぱいを揉みしだいていく。

ブラジャーをずらし乳首を露出するとコリコリと刺激。

「ん、ん〜〜〜」敏感に反応してしまうしのぶ。

スカートを脱ぎ股間を椅子の手すりに押し擦りつけていく。堅い手すりがオマンコを刺激し快感を高めていく。

「あ〜〜ん、ん、ん、ん〜〜」止まらなくなったしのぶはストッキングを脱ぎパンティも脱いでしまう。

あらわになった下半身を大胆に広げるとパックリとオマンコが。両手でオマンコを広げながらクリトリスを刺激。

「あ〜、あ〜、あ〜〜」息づかいを荒くしながら快感を貪っていく。

読んでいた本はなんと官能小説だったしのぶは「主人のペニスが刺激する・・・」と妄想の世界へと入り込んでしまう。

そこには自らの性欲を満たしてくれる肉棒が眼前にあった。

しのぶはなんの躊躇いもなく肉棒を咥えてしまう・・・。美人若奥様が主人のいない間に妄想オナニー。

目の前にある肉棒を自ら咥えてしまう物語。

持て余す性欲、満ち足りない気持ちとカラダを官能小説で癒やそうとするがそこは深い妄想の世界。

人妻の日常を切り取った淫靡な世界を覗き見てください。

『水島しのぶ 巨乳若奥様欲求不満な昼下がり』を見たい方はこちらへ